preload preload preload preload

デザインの歴史

~北欧家具が生まれた背景~
一般的にデンマーク、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、アイスランドの5か国を1まとめにした言葉を北欧といいます。
その中でも北欧家具で有名なのはデンマークとフィンランドです。
北欧の国々の共通点は、自然によって生活を大きく左右という背景があるということで緯度の高い北欧の国々では、自然は人の暮らしを脅かす、畏怖の対象とされてきたのです。
一方で、自然は美しさによって魅了され、豊かな森林はかけがえのない資源となっていました。
北欧のデザインには自然のモチーフされたものが多くあります。
ベッドや家具の種類の多くに木の素材がが多用されることとなったためです。
また北欧は、夏は白夜に象徴されるように夜がまったくない日があるぐらい短い時もあり、その逆に冬はひたすらに暗く寒い日々が長く続く地域でもあります。
そのため、北欧の人々は長い時間を家で過ごすようになるため、室内を居心地のよい空間にすることは必然的だったと言えます。
自然環境が厳しいく、人々は何世代にもわたって貧しさと隣り合わせの暮らし余儀なくされていました。
その中で何世代も引き継げるような実用性を考え抜かれたものが北欧家具なのです。
厳しい環境の中で、北欧の人たちは室内を飾り立てるのではなく、シンプルで快適性を追求してきました。
北欧で名作とされる北欧家具や北欧雑貨も、すべて装飾的要素が省かれた質素なものがほとんどです。
そのデザインはフォルム自体が美しく構成され、素材の持ち味最大限にまで活かしてあり、見るものに磨き抜かれた美しさを感じさせます。
実用性に関しては、北欧家具や北欧雑貨はその高いデザイン性が魅力的であり多くの人に愛され続けている家具と言えるでしょう。
やはり、長く使ううちに段々とよさが伝わってくるような「その物の良さ」といった部分が真の魅力です。

~北欧家具のデザイン史~
北欧家具のデザインはドイツに色濃く影響を受けています。
1920年代以降、ドイツの美術学校バウハウスや建築家ル・コルビュジエなどに端を発するモダニズムのブームが、北欧各国にも届きます。
デザイン界におけるモダニズムというのは、工業製品や建築の合理性を追求し、生産効率と機能の向上を目指す運動のことを指します。
20世紀前半の工業化とともに世界中に広まっていきます。
その合理性・生産性を追求する=伝統や地域色を失うといったことにも繋がりました。
このような大きな流れの中で北欧デザインは、モダニズムを消化しながらも、それを北欧の生活感覚や伝統的なデザインと融合させてきました。
このことからも言えるようにシンプルなデザイン性でどのようなデザインでも調和が取れやすい家具の一つと言えます。